VAIO Pro PJ VAIO Pro PJ

コンパクト&ロングバッテリーで、 モバイルワークをより自由にする。

VAIO® Pro PJ

メイド・イン・ジャパンだから実現できた、立体成型カーボン天板による堅牢ボディに、コンパクトな12.5型ワイドディスプレイを搭載。新時代のビジネスモバイルに求められる圧倒的なモビリティを実現しました。連続最大約30時間*駆動のスタミナバッテリー、ストレスなく入力できるフルサイズキーボード、クリアな音声でリモート会議に臨めるAIノイズキャンセリング機能などが、場所や時間に縛られない働き方を可能にします。

* JEITA測定法 2.0の場合。最大駆動時間は本体仕様により異なります。また、駆動時間は使用状況および設定等により変動します。

メイド・イン・ジャパンの
信頼と安心

企画の初期段階から全工程のエンジニア、スタッフが参加してその後の工程をスムーズにする「上流設計」と、企画・設計・製造からアフターサービスまで一気通貫の「ワンストップ」体制が、VAIOのものづくりの秘訣。VAIO Pro PKでは、メイド・イン・ジャパンの信頼性・安心感を大切にしながら、部門の垣根を越えた密接なチームワークを武器に最高のビジネスモバイルのかたちを追求し続けています。その上で社外の志ある部品・素材・加工メーカー各社とも協業。互いに切磋琢磨するチーム・ジャパンのものづくりによって多くの不可能を乗り越えてきました。

法人向けOSをご用意

ビジネス利用に適した最新世代OS、Windows 11 Proを搭載。互換性を重視するお客さまにはWindows 10 Proへのダウングレード版も用意しています。ロックダウン機能などエンタープライズレベルのセキュリティーを有し、アップデートがなく安定したOSを長期間使用できる特定用途向けOS、Windows 10 IoT Enterprise LTSCの導入についてもご相談ください。

VAIOの導入支援サービスでは、マイクロソフト社とお客さま間のボリュームライセンス契約に基づいた、OSインストール代行作業も承ります。

働く場所を選ばない圧倒的なモビリティ イメージ

働く場所を選ばない
圧倒的なモビリティ

約887g*1の超軽量コンパクトボディと最大連続約30時間駆動*2を両立

ノートPCとして群を抜いて軽い本体質量約887g*1ながら、新開発の高容量バッテリーおよび低消費電力ディスプレイパネルによって最大約30時間*2もの長時間駆動を実現しました。出先の会議室や移動中など、電源確保が難しいシチュエーションでも安心して使えます。

*1 最軽量構成時。構成によって質量は異なります。

*2 JEITA測定法 2.0の場合。最大駆動時間は本体仕様により異なります。また、駆動時間は使用状況および設定等により変動します。

モビリティをさらに高める
作り込み

高速スリープ復帰

スリープから即座に復帰する「モダンスタンバイ」に対応。スリープ中でもインターネットに接続し、新着メールの受信などを行っているため*、スリープ解除後、すぐに作業を始められます。

* モダンスタンバイに対応したアプリのみ受信・同期が可能。

業界最小クラスのACアダプターの画像

業界最小クラスのACアダプター

ハイスペックマシンが求めるハイパワーの供給と小型軽量化(質量・体積とも約30%減*)を両立させたUSB PowerDelivery対応ACアダプターを採用しました。

* 従来モデル(VAIO Pro PJ(VJPJ13シリーズ))に付属する10.5V 純正ACアダプター『VJ8AC10V9』との比較。

急速充電対応

1時間で最大約20.1時間分*の充電ができる急速充電に対応。短時間でバッテリー残量を回復できます。

* JEITA測定法 2.0の場合。最大駆動時間は本体仕様により異なります。また、駆動時間は使用状況および設定等により変動します。

いたわり充電モード

フル充電状態を維持し続けると劣化し、寿命が短くなる内蔵バッテリーを長く使えるようにする「いたわり充電モード」を搭載します。

VAIO Pro PFとの比較図

小型ボディに12.5型ワイド
フルHDディスプレイを搭載

コンパクトなモバイルノートPCで主流の11.6型ワイドディスプレイよりも面積が約16%大きな12.5型ワイドディスプレイを搭載。表示領域を拡大したことで、テキストや表が見やすく、長時間の作業でも疲れにくいのが特長です。

ディスプレイをさらに
使いやすく

新開発ヒンジを片手で開くイメージ画像

片手で開ける新開発ヒンジ

パームレストに手を添えることなく、片手でディスプレイを開閉できます。

180度開く液晶ディスプレイのイメージ画像

180度開く液晶ディスプレイ

ディスプレイは最大180度まで開けるフルオープン構造。専用のショートカット(Fn+2)で表示を180度回転できます(タッチパッドの操作も画面に合わせて回転します)。

立体成型カーボンを採用した天板

従来モデルで薄型軽量化と強度の両立に貢献していたカーボンウォール天板がさらに進化。ディスプレイハウジングの立ち壁部分もカーボン素材で作成し、天板と一体化させることでさらなる剛性向上と軽量化に成功しました。

従来と今回の比較図(従来モデル)
従来モデル
従来と今回の比較図(立体成型カーボン天板)
立体成型カーボン天板

徹底した品質試験で堅牢性を確認

VAIO独自の、さまざまな利用シーンを想定した数十項目におよぶ品質試験を実施。さらにアメリカ国防総省制定MIL規格(MIL-STD-810H)*に準拠した品質試験もクリアし、そのタフさを証明しています。

* MIL規格(MIL-STD-810H)に基づいて、一部当社が設定した試験条件に従い試験し、基本機能に動作欠損無き事を確認しています。信頼性データの収集のため実施しているものであり、落下、衝撃、振動または使用環境の変化などによる無破損、無故障を保証するものではありません。

MILマーク

本体だけで通信可能なSIMフリー4G LTE対応

4G LTE対応モデルなら、Wi-Fiルーターや、スマートフォンのテザリング機能を使うことなく、本体だけでインターネットにアクセスできます。 自宅やオフィスではWi-Fiで、外出先では4G LTEでと、ネット環境によって最適な回線に接続可能です。しかも、VAIO Pro PJは契約する通信事業者を選ばないSIMフリー。大手通信事業者はもちろん、いわゆる「格安SIM」もご利用いただけます。

※SIMカードはnanoSIMに対応します。

ワイヤレス通信をより快適に

下り最大450Mbpsハイスピード通信

LTE接続時の通信速度は下り最大150Mbps*、上り最大50Mbps*。さらに「キャリア・アグリゲーション」対応エリアなら、下り最大450Mbps*(理論値)というハイスピードでモバイルデータ通信を行えます。

* 製品としての最大速度であり、各通信事業者によって、最大速度は異なります。また、実際の通信速度はご利用になる通信サービス及び、使用エリア、通信環境に依存します。

VAIO Pro PJの全対応バンド

Wi-Fi 6 + MU-MIMO

これまでと比べて8倍も高速*1で、しかも繋がりやすく、セキュリティー性に優れた最新規格「Wi-Fi 6」に対応*2。たくさんの人数でネットに繋いでいる際も速度が落ちにくい「MU-MIMO」にも対応しています。

*1 Wi-Fi 4(IEEE802.11n)との比較。

*2 Wi-Fi 6での接続にはWi-Fi 6に対応したルーターが必要です。

高感度アンテナ

PC利用時に最も高い位置となるディスプレイ上端に配置することで、通信の安定性を高めています。

ミニマムサイズでも作業効率を損なわない イメージ

ミニマムサイズでも
作業効率を損なわない

妥協なしのフルサイズキーボード搭載

コンパクトなボディながら一般的なデスクトップPCや大画面ノートPCなどと同等のフルピッチ*キーボードを搭載。デスクトップPCに慣れ親しんだ方でも、違和感・窮屈感なく快適にタイピングしていただけます。

* キーピッチ:約19mm

打ちやすいキーボードと大型タッチパッドで作業効率が高まります

あらゆる用途で作業効率を高める
打ちやすいキーボード&タッチパッド

耳障りなノイズの低減、心地よい打鍵感、手首にかかる負担をなくす傾斜。ユーザーがより快適にタイピングできるキーボードです。キーピッチはフルピッチ(約19mm)、キーストロークも約1.5mmと深く*、心地よい打鍵感を実現しました。

タッチパッドはきめ細やかな表面処理を施し、軽やかに操作できるようにしました。左右独立型のクリックボタン付きなので、誤クリックも防ぎます。

* 従来モデル(VAIO Pro PJ(VJPJ13シリーズ))は約1.2mm。

細部まで作り込まれた
キーボード

指先にフィットするキートップのイメージ

指先にフィットするキートップ

キートップ中央を約0.3mm、ディッシュ(皿)形状にくぼませることで、タイピング時の指のフィット感を向上させ、タイプミスを軽減します。専用開発したフッ素含有UV硬化塗装によりキートップの防汚性も向上させています。

キーボードバックライトのイメージ

キーボードバックライト

薄暗い会議室や、飛行機の座席などでも迷わずタイピングできるキーボードバックライトを標準搭載しています。

新たにデザインされたVAIO専用書体

VAIO専用新書体

キートップの書体を新たにデザイン。工業的でしっかりとした強い印象を保ったまま、有機的な曲線を使うことで読みやすくしています。

キー配列・刻印を選べます

選べるキー配列・刻印

かな文字あり・なし2種類の日本語配列、英語配列から選択可能。プレミアムエディションでは黒色キートップに黒文字で刻印を施した「隠し刻印」も選択可能です。

カメラプライバシーシャッターのイメージ

美画質に撮れる高性能フロントカメラ

約207万画素*の高性能フロントカメラでユーザーの顔を高精細・高画質に撮影。カメラプライバシーシャッターで撮影を物理的に遮断することもできます。

* Full HDカメラ選択時

AIの力でマイク音声をくっきりクリアに

AIノイズキャンセリング機能が騒音などの環境ノイズだけを除去して、聴き取りやすいクリアな音声を相手に届け、相手の声もクリアな音声で確認できます。

マイクピクト

コミュニケーションを
もっと快適に

ステレオアレイマイクの構造図版

ステレオアレイマイク

中央の高性能フロントカメラを挟むように配置されたステレオアレイマイクは、内部を伝う音の遮断率を高めることで録音品質を高める独自設計。正面のユーザーの声だけをクリアに伝えます。

本体前面に配置された大口径ステレオスピーカー

よりお客さまの声も聞き取りやすく

本体前面に大口径ステレオスピーカーを配置。VAIOが独自に最適化を施したDolby Atmos®によって、Web会議の音声を聞き取りやすくしました(「音声」モード時)。

※マイク効果の初期設定は「ダイナミック」モードです。設定変更は、Dolby Accessから可能です。

全消音するショートカットを用意

全消音ショートカット

全てのマイクをワンタッチでミュート(消音)するショートカット(Fn+Tabキー)を用意。Tabキー右上のランプで動作状況を一目で確認できます。

使いやすさにも配慮した万全のセキュリティー イメージ

使いやすさにも配慮した万全のセキュリティー

Windows Helloのロゴマーク

ダブル生体認証を
VAIO User Sensing™でもっと便利に

センサー部に指を置くだけの指紋認証と、内蔵カメラでユーザーの顔を自動認識する顔認証のダブル生体認証を選択可能。これらを人感センサーと組み合わせることで、ユーザーを煩わせることなく強固なセキュリティーを実現する「VAIO User Sensing™」にも対応します。

着席オートログオンの説明イラスト

着席オートログオン

PCの前に座ると人感センサーがユーザーを検知して自動で顔認証を実行。PCに一切触れることなくログオンが完了します。

離席オートロックの説明イラスト

離席オートロック

PCの前から離れると人感センサーが離席を検知してPCを自動でロック状態にします。

在席ノーロックの説明イラスト

在席ノーロック

人感センサーがPCの前に人がいることを検知している間、スリープやスクリーンセーバーへの移行をストップします。

ワンアクションログオンの説明イラスト

ワンアクションログオン

電源ボタン一体型指紋センサーを搭載。電源ボタンを押すと同時に指紋認証が行われ、パスワードを入力することなくログオンできます。

手間なし起動時認証

BIOS認証の説明イラスト

一歩進んだBIOS認証*

起動時にBIOSパスワード(パワーオンパスワード)をキー入力する代わりに指紋認証、Bluetooth端末、FIDO2セキュリティーキー、USBメモリーなどを利用できます。

* BIOSに組み込まれた機能「Phoenix PassKey™」で実現。Phoenix PassKey™は Phoenix Technologies Inc.の商標です。

セキュアなハードウェアが
機密情報を守り抜く

TPMセキュリティーチップ

OSや他のハードウェアと独立して機能するセキュリティーチップ(TPM*1)を搭載可能。従来はHDDやSSDに保存していた暗号キーを独立して管理できるようにすることで、より強固なセキュリティーを実現します*2。

*1 TPM:Trusted Platform Module。

*2 TPMは、データやハードウェアの完全な保護を保証するものではありません。

セキュリティーロック・スロット

本体を設置場所に物理的に固定できるセキュリティーロック・スロットを搭載。

ソコワク®

ソコワク®は、あらゆる場所で、オフィスと変わらない安全性とユーザー体験を可能にする、次世代のリモートアクセスサービス。PCを開くだけで、認証された端末だけが通信できるVirtual Closed Network(仮想閉域網)を構成することで、安全で快適、しかも低コストなテレワーク環境を実現します。

Phoenix SecureWipe™*

専用のデータ消去ツールを使用しなくても、HDD/SSD全体を対象とするデータ消去がBIOS 設定画面から実行可能です。OSが起動できないような状況においてもデータ消去が可能で、廃棄/譲渡時のデータ漏洩リスク軽減に寄与します。

* Phoenix SecureWipe™はPhoenix Technologies Inc.の商標です。

TRUST DELETE Biz for VAIO® PC

VAIO紛失の際に個人情報や機密データを遠隔で消去できる情報漏えい対策ソリューションをご用意。もしもの時にリモートとタイマーでのPCロック、消去が可能です。

* SMSを利用した消去/ロック命令受信機能はサポートしておりません。

Acronis True Image

システム全体または、ファイルを個別に復元できる、世界150か国の550万人が信頼する先進の個人向けバックアップソフトです。最新バージョンでは、バックアップ機能の向上に加えて、AIベースのランサムウェア対策機能が強化されたほか、Web会議のアプリケーションやデータの保護、脆弱性診断などの新機能が追加され、さらに安全なデータ保護を実現します。

BIOS自動修復機能

BIOS Self-healing機能を搭載。万が一破損したり、改ざん攻撃を受けても自動的に修復されます。

内蔵 イメージ

新しい働き方を支える
ハイパフォーマンス

インテルCPUロゴ、GPUロゴ

ハイパフォーマンスな
最新世代プロセッサーを搭載

最大4コア/8スレッド駆動という卓越したハイパフォーマンスに加え、グラフィック性能も大幅に進化させた第11世代インテル® Core™ プロセッサーを搭載。VAIO独自のチューニング「VAIO TruePerformance®」によって、プロセッサーが持つ力を発揮できるようにしています。

Core i7-1165G7[VAIO Pro PJ]
Core i7-1065G7[参考:VAIO Pro PJ(2020年10月発表)]との比較

MAXON Cinebench Version23.200(Multi Core)

Core i7-1165G7[VAIO Pro PJ]
Core i7-1065G7[参考:VAIO Pro PJ(2020年10月発表)]との比較

MAXON Cinebench Version15.038(OpenGL)

VAIO株式会社調べ。試作機における測定結果です。ご使用の環境やスペック構成により、結果が異なる場合があります。

VAIO TruePerformanceロゴ

VAIO TruePerformance®とは?

VAIO TruePerformance®は、電源強化や放熱能力の向上によって、プロセッサーの持つ高いパフォーマンスを持続的に発揮させたり、より高いパフォーマンスのプロセッサーを搭載するためのVAIO独自の技術です。

その他のパフォーマンス進化

第四世代 ハイスピードSSD

これまで以上の読み書き速度を誇るPCIe Gen.4接続の「第四世代 ハイスピードSSD」を採用。ファイルコピーやアプリケーション起動など、日常的な作業をより快適にします。

* シーケンシャルリード時

第四世代 ハイスピードSSD(256GB)
スタンダードSSD(256GB)との比較

CrystalDiskMark7.0.0/シーケンシャルリード

第四世代 ハイスピードSSD(256GB)
スタンダードSSD(256GB)との比較

10GBの1ファイルを、フォルダからフォルダへコピーした場合の処理時間を比較

VAIO株式会社調べ。試作機における測定結果です。ご使用の環境やスペック構成により、結果が異なる場合があります。

高速・大容量メモリー

広帯域メモリー規格LPDDR4Xを採用したメインメモリーは最大32GBまで搭載可能。たくさんのアプリケーションを同時に開いても、高速かつ安定して動作します。

利用頻度の高いインターフェースを搭載

定番USB端子を左右に1つずつ搭載するほか、会議室のプロジェクターや外部ディスプレイの接続に便利なHDMI端子も備えています。

右側面の写真
USB Type-Cケーブルピクト

USB4™&Thunderbolt™ 4端子

2基のUSB Type-C™端子は、最大40Gbpsの転送速度を誇るUSB4™およびThunderbolt™ 4接続に対応。外付けストレージなど、さまざまな周辺機器と超高速にデータ通信が行えます。

有線LANケーブルピクト

有線LAN端子

引き出し型コネクタを採用することでスリムボディながら有線LAN端子を搭載。Wi-Fiが混み合っている場所でも安定した高速データ通信を可能にします。

VAIO純正アクセサリーで
もっと便利に

ケーブル1本ですっきり接続

VAIOとの互換性を検証済みのアクセサリーをご用意。Type-C ドッキングステーションを使用すればケーブル1本で電源やディスプレイ、有線LANなどへの接続が完了し、デスクトップPCの快適さを実現できます。

Type-C ドッキングステーションの写真

Type-C ドッキングステーション

置いたままでも邪魔にならないコンパクト設計

Type-C 4Kマルチモニタードッキングステーションの写真

Type-C 4Kマルチモニター
ドッキングステーション

4Kディスプレイにも対応する高性能モデル

「VAIO Pro PJ」の主な仕様

VAIO Pro PJは法人向けに標準仕様モデルと、 構成を変更可能なカスタマイズモデルをご用意しております。 それぞれの仕様は以下のリンクからご確認いただけます。

法人向け総合カタログ・PDFダウンロード

名称・サイズの詳細

PCの各部位の名称やサイズの詳細 PCの各部位の名称やサイズの詳細

VAIOのものづくり、日本のものづくり。

「ユーザーのみなさまに、長く快適に使って欲しい」という強い意思のもと、長野県安曇野市にあるVAIO本社に設計からサポートまで、全チームを集約。日本のユーザーのために、日本の技術と日本人の美意識を活かしたこだわりのつくりこみを行っています。さらに、一台一台、妥協のない精緻なつくりを実現するために、製造をVAIO本社で行う、Made in Japanにたどりつきました。

環境配慮への取り組み

水と緑豊かな安曇野に立地するVAIOとして、身近な環境に限らず、国際的な環境活動と調和した事業活動を行い、永く世界のお客様に愛される商品づくりを目指していきます。

インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー
Intel Inside® 圧倒的なパフォーマンスを

Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Celeron、Celeron Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Ultrabook、Iris は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。

※本ページに記載されているシステム名、製品名は、一般に各開発メーカーの「登録商標あるいは商標」です。